報道発表 約60年前の自動車メッサーシュミットKR200を電気自動車へ改造 お披露目及び試走行を行います。

平成29年8月21日

報道関係各位

 

60年前の自動車メッサーシュミットKR200を電気自動車へ改造

お披露目及び試走行を行います。

 

仙台バス株式会社(宮城県岩沼市空港南4丁目1−7 代表取締役 猪股 正之)は、仙台空港近くに拠点を置き、臨空循環バス(路線バス)貸切バスを運行しております。

昨今、次世代の輸送手段として電気自動車が非常に注目されています。この世界的な流れは輸送事業者として目を離すことのできないものとなってきました。

そこでまず地元の皆様と一緒に電気自動車の特性を知ること、多くの方々に興味を持っていただけるようクラッシックカーの改造電気自動車を導入しました。ベース車両はドイツ製メッサーシュミットKR200という60年前の非常に貴重な車両です。この車両は当社でエンジン故障のまま数年間保管していたものです。古い自動車はエンジン部品の入手が困難、そして構造が発展途上にあり修理しても部品耐久が弱い、そして速やかにエンジンをかけたりすることが困難であり、現代の車のように気軽に運行することが難しいのが実情です。また、排気ガスの臭いやエンジン騒音も現代の交通に馴染むには厳しいレベルでもあります。そこで、電気自動車へ改造してナンバーを取る方法があることを知り、このたび実現することができました。

つきましては下記にてお披露目及び試走行を開催する運びとなりましたので、ここにご案内申し上げます。

希少なクラシックカーと最新電気自動車の不思議な融合をお楽しみください。

 

日 時: 2017年9月6日(水) 14:00から16:00

14:00より代表猪股・オズ古川からご挨拶とQ&A

14:15より試走開始

プレス休憩場所有(お飲み物とお茶菓子有)

小雨決行

ナレーション撮影等個別撮影を希望の場合は予めお知らせください

場 所: 宮城県岩沼市空港南4丁目1−7

内 容: お披露目及び試走(走行状態と充電状態も撮影できます)

対 象: 報道関係者、モータージャーナリスト、各位

車 両: スペック次ページ参照

主 催: 仙台バス株式会社

協 力: 株式会社オズコーポレーション(OZ MOTORS)

  お問合せ先: 〒989-2422 宮城県岩沼市空港南4丁目-1-7

TEL:0223-23-4731 FAX:0223-23-4740

担当者 猪股正之 e-mail: toi@senbus.co.jp

     ☆★ ご出席の場合は、上記お問合せ先にご一報の上、おいでくださいませ ★☆

主 要 諸 元
車両 メッサーシュミットKR200
モーター アメリカ製HPEVS AC-9 回生ブレーキ付

定格出力7kW

システム 定格電圧84V 最大電流450A
 バッテリー リチウムイオンバッテリー 搭載量6kW

日産リーフのもの12モジュール、中古車より取り出して再使用

航続距離 45km(平地・テスト走行値)
充電方式 J1722充電口(公共普通充電システム対応)
改造製作 株式会社オズコーポレーション(OZ MOTORS)

神奈川県横浜市

 

車両解説 / Vehicle Description

ドイツの軍用機メーカーのメッサーシュミット社が生産したマイクロカー。 飛行機のコックピットのような軽量ボディに小型2サイクルエンジンを載せ、前後二人乗り(タンデムシート)である。バックギアを省略し、エンジンを逆回転させてバックした。第二次世界大戦後の一時期、ヨーロッパの数ヶ国でこのような超小型車が復興期の庶民の足として活躍した。このクルマやBMWイセッタなど、1950年代から60年代のマイクロカーは「バブル カー」とも呼ばれる。(トヨタ博物館webサイトより引用)

実車の充電テスト

走行風景